鳥になれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐るべし!“経皮毒”ーー(1)

<<   作成日時 : 2012/05/07 17:28   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 恥ずかしながら、“経皮毒”という言葉を知ったのは、つい最近のこと。。。「無知は恐ろしい」とつくづく思う。

 きっかけは頭皮のかゆみだった。掻いているうちにしだいにかぶれたようになってきた。染毛剤のせいかなと思ったが、だんだんひどくなってきてシャンプーするだけでもぴりぴりする。どうしようと思ったが、そのときまたま読んだブログで目に飛び込んできたのが“経皮毒”という言葉だった。

 そのブログでは特にラウリル硫酸ナトリウムという成分について注意を促していた。これは猛毒扱いの化学薬品だというのに、シャンプーやら歯磨き粉やらに当たり前のように配合されているという。びっくりして調べてみたら、生協で買ったばかりの歯磨き粉にも入っていた。そのブログでリンクの貼られていた経皮毒.comhttp://www.keihidoku.com)には人体に有害な可能性のある成分がリストになっていたが、家にあるシャンプーや染毛剤、手洗い用液体ソープすべてにリストにのっている成分が複数配合されているではないか。

 ラウリル硫酸ナトリウムはもちろん原液のまま使用されているわけではなく、人体にとって安全なレベルまで希釈されていることになっている。それでも何も知らずにこうした危険な化学物質を長い間せっせと使用していたのかと思うと、あらためてぞっとすると同時に怒りがこみあげてきた。

 幸い近くに生活くらぶという生協のお店があるので、そこに駆けこんで石鹸シャンプーとリンスを買ってきた。思った通りこれまでののシャンプーに較べれば低刺激で、これで洗っているうちに頭のトラブルもしだいにおさまってきてほっとした。

 体の場所によってこうした薬品の吸収率は違うようだが、頭部の毛穴はとくに大きくシャンプーやリンス液が吸収されやすいとのこと。おまけに口から体内に入ったものとは違って皮膚から吸収された毒素は排出されにくいらしい。そういう毒素をわたしたちは、これまで地球に垂れ流してきたことになるのだ。

 これからは、髪も体も歯磨きも石鹸のみ、と決めた。染毛も少しずつヘナに切り替えよう。地球の環境を守ることがつまりは人間の体を守ることになる。地球の健康とわたしたちの健康は一体なのだから。


(参考:http://www.keihidoku.com/archives/50597021.html 経皮毒については本も多数出版されているので、興味のある方はどうぞ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐るべし!“経皮毒”ーー(1) 鳥になれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる